精子が卵を目指すしくみ : 運動の方向転換を司るタンパク質「カラクシン」. 水野克俊, 柴小菊, & 稲葉一男 遺伝 : 生物の科学, 67(5):610–617, September, 2013. Publisher: エヌ・ティー・エス
精子が卵を目指すしくみ : 運動の方向転換を司るタンパク質「カラクシン」 [link]Paper  abstract   bibtex   
精子が卵を目指すしくみ : 運動の方向転換を司るタンパク質「カラクシン」 水野 克俊 , 柴 小菊 , 稲葉 一男 遺伝 : 生物の科学 67(5), 610-617, 2013-09
@article{__2013,
	title = {精子が卵を目指すしくみ : 運動の方向転換を司るタンパク質「カラクシン」},
	volume = {67},
	issn = {0387-0022},
	shorttitle = {精子が卵を目指すしくみ},
	url = {https://ci.nii.ac.jp/naid/40019804311},
	abstract = {精子が卵を目指すしくみ : 運動の方向転換を司るタンパク質「カラクシン」 水野 克俊 , 柴 小菊 , 稲葉 一男 遺伝 : 生物の科学 67(5), 610-617, 2013-09},
	language = {en},
	number = {5},
	urldate = {2021-07-27},
	journal = {遺伝 : 生物の科学},
	author = {{水野克俊} and {柴小菊} and {稲葉一男}},
	month = sep,
	year = {2013},
	note = {Publisher: エヌ・ティー・エス},
	pages = {610--617},
}

Downloads: 0