戦時期日本の精神史―1931‐1945年. 鶴見俊輔 岩波書店, Tōkyō, April, 2001. 00000
abstract   bibtex   
カナダの大学で学生に向け語られた,広い視野からの現代日本思想史前篇.ファシズム支配下の日本知識人の軌跡を通して「転向」の事実と意味を問い直し,それが日本の精神史を貫く「文化の鎖国性」という特質と通底することを明らかにする.知識と思想のあり方に反省を迫る独自の日本文化論でもある.
@book{ _19311945_2001,
  address = {Tōkyō},
  title = {戦時期日本の精神史―1931‐1945年},
  isbn = {978-4-00-600050-9},
  abstract = {カナダの大学で学生に向け語られた,広い視野からの現代日本思想史前篇.ファシズム支配下の日本知識人の軌跡を通して「転向」の事実と意味を問い直し,それが日本の精神史を貫く「文化の鎖国性」という特質と通底することを明らかにする.知識と思想のあり方に反省を迫る独自の日本文化論でもある.},
  publisher = {岩波書店},
  author = {鶴見俊輔},
  month = {April},
  year = {2001},
  note = {00000}
}
Downloads: 0